DSC05165.jpeg

​福岡通訳協会とは?

8カ国言語に対応する通訳・翻訳団体

福岡通訳協会(Fukuoka Interpreters’ Association)は2020年に40周年を迎えた通訳者団体です。会員による自主運営を行っており、営利団体ではありません。レベルの高い通訳・翻訳を提供しており、現在は英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語の8カ国語に対応しています。また、ボランティア通訳も積極的に行っております。

 
DSCF6207.jpg

会長挨拶

本会は1979年に福岡市で開催された日米市長・商工会議所会頭会議の際にボランティア通訳として参画した人達によって結成された市民団体です。本会は会員相互の親睦、自己啓発、特に語学力の向上を図り、その知識を活用し国際親善に寄与することを目的としております。

具体的には自治体等が開催する国際的イベントへの積極的な参加・協力や、年間数回の例会を開催し、多岐にわたる講師を招いて研修を積み重ねています。こうした長年の活動によって培われた実績と信頼により本会会員は各方面から高い評価を得ております。

詳しくはこのホームページの各項目をご覧頂きたいと存じますが、本会への協力依頼あるいは入会希望の方々はいつでもお問い合わせに応じておりますのでお気軽にお申し出下さるようお願いいたします。2020年9月20日

                      
                      FIA会長 高島 収

IMG_1368_edited_edited.jpg

FIA入会試験

2021年入会試験は現在準備中です。

2020年入会試験のお知らせ

日時:2020年11月15日(日)13:30〜
場所:福岡学生交流会館(予定)
募集期間:6月1日〜9月31日(コロナの状況で1ヶ月延長)

募集:下記メイルまでお申し込み下さい。皆さんの応募、問い合わせお待ちしています。kchiharu@lime.ocn.ne.jp

申し込み手続き

受験料3000円の納入
振込先:福岡通訳協会
(福岡銀行本店営業部 普通預金口座1338517


申請書類の送付
1. 履歴書(市販のもの可、写真貼付)
2.資格証明となるもの(合格証のコピー等)
3.受験料銀行振り込み受領書

入会についての問い合わせ先、及び書類等の送付先:福岡通訳協会運営部

送付先:下記 emailまでお問い合わせください。
TEL: 090-7398-4067 小熊坂千春

email: kchiharu@lime.ocn.ne.jp

なお、自己都合で受験をキャンセルされた場合には、受験料及び提出資料は返却しませんので、ご了承下さい。

Cosmos with Boat2.jpeg

FIAの活動

本会は会員相互の親睦、自己啓発、特に語学力を高めその知識を活用して国際親善に寄与することを目的とし、その目的を達成するため次のような活動を行っています。

(1)地域社会が開催する国際的イベントへの積極的な参加・協力
(2)地域の国際化ならびに会員の研鑽のための講演会及び研修会の実施
(3)その他、本会の目的達成のために必要な事項

民間・公的機関を問わず、通訳者、翻訳者の紹介等も重要な活動のひとつと位置付け、各方面からの依頼に対して適切な人材を人選の上、紹介しています。

Night Cherry Blue Illumination .jpeg

FIA会則

会則について

名称および連絡事務局
第 1 条 本会は福岡通訳協会(英文: FUKUOKA INTERPRETERS' ASSOCIATION) (略称: FIA)と称し、連絡事務局を下記に置く。
〒810-0001福岡市中央区天神2丁目3番10号
天神パインクレスト719号 福岡通訳協会
電話番号:080-4286-1980

会員の構成および目的
第 2 条 第15回日米市長および商工会議所会頭会議(1979年11月12日より16日まで)が福岡市内で開催され、県内各地から市民がボランティア通訳として参加した。この会は当時のボランティア通訳を母体に、この会の趣旨に賛同する個人および法人会員で構成される。本会は、会員相互の親睦、自己啓発、特に語学力を高めその知識を活用して国際親善に寄与することを目的とする。 
事 業
第 3 条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1. 地域社会が開催する国際的イベントへの積極的な参加・協力
2. 地域の国際化ならびに会員の研鑽のための講演会および研修会の実施
3. その他、本会の目的達成のために必要な事項 
役 員
第 4 条 本会に次の役員を置く。
会   長      1 名
副 会 長      若干名
事 務 局 長       1 名
事務局次長      若干名
会 計 監 査       2 名 
 
役員の選出
第 5 条 役員は総会において選出される。 
役員の任期
第 6 条 役員の任期は2年間とし、重任を妨げない。 
役員の任務
第 7 条 1. 会長は会務を総括し、本会を代表する。
2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代行する。
3. 事務局長は本会運営に必要な事務を総括する。
4. 事務局次長は事務局長を補佐し、事務局長に事故あるときは、これを代行する。
5. 会計監査は年1回以上会計を監査し、その結果を総会に報告する。
名誉会長および顧問
第 8 条 本会に名誉会長および顧問を置くことができる。
事務局
第 9 条 1. 本会に事務局として、事務局長および事務局次長ならびに次の各部を設ける。
総務部・運営部・例会部・企画部・広報部・経理部
2. 第1項に定める各部には、それぞれ部長および副部長各1名ならびに必要に応じて部員若干名を置き、これを事務局員と称する。事務局員は会長が指名し、総会に報告する。
3. 事務局員の任期は第6条の規定を準用する

会 議
第 10 条 会議は総会、例会、幹事会および事務局会議とする。 
総 会
第 11 条 1. 総会では次の事項を議決する。
(1) 事業計画に関する事項
(2) 予算・決算に関する事項
(3) 事業報告に関する事項
(4) 役員の選出に関する事項
(5) 会則の改廃に関する事項
(6) 会員の資格審査に関する事項
(7) その他重要な事項
2. 総会は原則として毎年2月の第3日曜日に開催する。
3. 会長が必要と認めるときは臨時総会を招集することができる。
総会の成立および議決
第 12 条 総会は会員の過半数(委任状を含む)の出席をもって成立し、議案は出席者の
過半数の賛成により議決される。
例 会
第 13 条 1. 例会においては次のことを行う。
(1) 経過報告および情報の交換
(2) 会員の研鑽に資する行事
(3) その他
2. 例会は原則として年に数回開催する。
幹事会および事務局会議
第 14 条 1. 幹事会は会長、副会長、事務局長、事務局次長および各部の部長をもって構成する。
2. 事務局会議は役員(会計監査を除く)および各部事務局員で構成される。
3. 幹事会および事務局会議は適宜会長が招集し、本会運営に関する次の事項を審議する。
(1) 総会および例会に提出する案件
(2) 会員の資格に関する事項
(3) 本会の細則に関する事項
(4) その他
4. 幹事会に各部の部長が出席できないときは、副部長または部員がこれに代わって出席するものとする。
会計および会費
第 15 条 1. 本会の運営に必要な経費は会費およびその他の収入をもってこれに充てる。
2. 本会の会員は年会費を収めることとする。
           年会費の額は次のとおりとする。
個人会員 5、000円
会計年度
3. 本会の会計年度は1月1日より12月31日までとする。
入会資格
第 16 条 1. 本会への入会は、原則として年一回行われる資格審査に合格したときに認められる。
2. 入会希望者は、指定された日までに事務局に履歴書等必要書類を提出するものとする。
3. 入会受験料は一言語につき3、000円とする。
4. 入会金は5、000円とする。
5. 法人 会員の入会条件については、幹事会または事務局会議で別途審議する。
休会扱いおよび資格の喪失
第 17 条 1. 会員の休会扱いは2年間とし、その年間会費を免除する。ただし、休会を希望する者はその理由を付けて事務局に届を出し、幹事会または事務局会議の承認を受けなければならない。
2. 会員が次の事項に該当するときは、会員の資格を喪失する。
(1) 会費をその年度の4月30日までに納入しないとき
(2) 本会の名誉を著しく傷つけたとき 

第 18 条 この会則は1980年5月1日より実施する。

1986年5月 1日    一部改正
1988年2月 1日    一部改正
1990年2月 1日    一部改正
1991年2月24日    一部改正
1992年2月23日    一部改正
1993年2月21日    一部改正
1998年2月15日    一部改正
2002年2月17日    一部改正
2003年2月16日    一部改正
2005年2月20日    一部改訂
2020年5月 1日    一部改正

Naka%20River%20Cherry2_edited.jpg

FIAへのご依頼

通訳、翻訳を依頼される場合は、下記までご連絡ください。

福岡通訳協会事務局
TEL: 080-4286-1980
email : fia_jimukyokucho@outlook.jp


対応可能な人材を人選の上、ご連絡いたします。対応言語は、英語、韓国語、中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語です。

費用の目安は右に示す通りです。これはあくまで基準ですので、内容によっ
て異なります。 

IMG_2269.jpeg

FIA会員

FIAの会員は、本会の目的に賛同し十分な技能を有する個人会員と、本会の目的に賛同し本会の活動を支援することが可能な法人賛助会員とから構成されます。
年会費は、個人会員5千円、
法人会員一口3万円です。

なお、個人会員には技能基準を設けています。入会の章をご参照ください。 

会員の構成人数(2011年6月現在)
女性81名 男性15 合計96名
言語別会員数
英語・・72名(女62、男9)
ドイツ語・・・・・3名(女3)
中国語・・・8名(女7、男1)
フランス語・・・・2名(女2)
韓国語・・・6名(女4、男2)
スペイン語・・4名(女3、男1)
ボルトガル語・・・・1名(男1)
イタリア語・・・・・1名(男1)

DSCF6198.JPG

40年の歩み

1979年11月12日~16日
第15回日米市長商工会議所会頭会議に市民84名がボランティア通訳として参加
1980年2月15日
福岡通訳協会発足準備委員会開催
2月24日
福岡通訳協会設立総会
1981年2月22日
設立1周年記念総会
1985年2月24日
創立5周年記念総会及び祝賀会開催
年会報5周年記念特集号を発行
5月 創立5周年記念講演会を開催
講師:マリリン・A・マイヤーズ米国大使館経済参事
1986年6月
FIAセミナー、英文パンフ「山笠」発行
10月5日
セミナー「国際化ってなあに?」?みんなで考えよう私たちの国際交流?を開催
1987年8月22日
公開講演会  講師:村松増美氏「だから英語は面白い」
1988年8月21日
公開講演会 講師:宮部直氏「文化理解

と通訳」
1990年2月25日
創立10周年記念祝賀会開催
FIAプレス10周年特別記念号発行

1990年6月3日
創立10周年記念講演会
講師:西山 千氏「通訳術のでこぼこ道」
1995年2月26日
創立15周年記念祝賀会
5月14日
創立15周年記念講演会
講師:大杉正明氏の講演 「私の英語人生」

2000年2月27日
創立20周年記念総会
20周年記念講演
講師:井原伸充氏「勉強会長続きの秘訣」

2000年
20周年記念号発行
10月1日
FIAホームページを開設
2003年2月2日
「第1回i-TOMO(好い友)サミット」にパネリストとして桜井会長参加
2005年2月20日
25周年記念総会及び祝賀会開催
講師:ロナルド・シュレンペル氏
「日本と欧米の医療文化の違いについて」
2010年2月20日 
30周年記念講演会及び祝賀会開催
講師:鈴木 榮子(日本で唯一の芸術学博士)「私のいけばな国際交流」

DSC06130.jpeg

FIAプレス

FIAプレス No.69号(H24年3月発行)の冒頭から

高島収会長の挨拶:

(概略)毎年総会で会員の皆さんに会えて嬉しい。新市長になって2年目の福岡市は4月から観光都市を目指すにあたり地下鉄、市庁舎1階等での無料WiFi1、観光地でのAR等のコンテンツ充実が図られている。クルーズ客船は去年震災の影響で半減したものの今年は70回の博多港への寄港が予定されたくさんの観光客が見込まれている。それにともなう皆さんのニーズも大きくなるだろう。高いレベルでありながらホスピタリティあふれるボランティア団体としてのFIAの活躍を期待したい。

FIAプレス No.71号(H24年12月発行)

から面白い話

イタリアよもやま話その三

イタリア語会員で例会部部長の安河内勢士さんによる楽しい連載“イタリアよもやま話”いよいよパート3です。

♪ミラノのナイトクラブ♪

ミラノの夜は、通常午後8時ごろから始める夕食に2時間程度かけることから、10時以降に活況を呈する。すなわち、映画館、劇場、ディスコ、ピアノバー、ジャズサロン、居酒屋、ナイトクラブなどの全てが10時過ぎから盛況となる。

小生自身、友人あるいは日本からの出張者と共に、これら全てを経験した。これらの中でナイトクラブは、近年は数が減少しているが、お抱えバンドが音楽を演奏し、かつての日本のキャバレーとほぼ同様の雰囲気である。しかし、システムにかなりの違いがあるようだ。そこで、以下に、その道の達人の言葉を借りて、ミラノの一般的なナイトクラブのシステムを紹介しよう。。。。。

FIAプレス No.70号(H24年6月発行)から面白い話

イタリアよもやま話 その弐

イタリア語会員で例会部部長の安河内勢士さんによる楽しい連載“イタリアよもやま話”お待ちかねのパート2です。

♪芸術的な窃盗手口♪

夏季にイタリア人は1ヶ月ぐらいバカンスを取り海や山で過ごす。このバカンス期は空き巣狙いが増える時期でもある。都市部に住むイタリア人のほとんどが一戸建てではなくアパートに住んでいるが、彼らはバカンスに出かける前にアパートの管理人に「引っ越しはしないよ。」と言い置くという。何故なら、引っ越し用のコンテナ車を横付けして、例えば「このほど3階のビアンキ家のご主人から引っ越しの連絡を受けました。これがそのレターです。家財を搬出するので、合鍵でドアーを開けてください。」と言って、家財を丸々運び去るケースがあるからである。。。

IMG_0009_2_edited_edited.jpg

よく聞かれる質問(FAQ)

Q(1) FIAに入会すると通訳あるいは翻訳の仕事を紹介していただけるのでしょうか?
残念ですが、FIAは人材派遣会社ではありませんので、仕事の紹介だけを目的に入会を希望される方は受け付けておりません。会の運営その他、可能な範囲でお手伝いしていただきます。年間をとおした仕事の依頼件数は、全会員に行き渡るほど多くないのが現状です。

Q(2) 語学の勉強が好きでずっと続けてきましたが、現場で通訳の仕事ができるほど自信がありません。FIAでは研修会などで訓練の機会を与えていただけるのでしょうか?
FIAでは例会でスポーツイベント、美術関係などのいろいろな勉強会をおこなっています。最近は複数の通訳者が一緒に仕事をできる機会が少なく、現場で経験のある通訳が他の会員を鍛えることが少なくなりました。各自、目標を設定して会員同士で分科会などもおこなっていますので、仲間を募って通訳の勉強会を始めることもできます。

Q(3) 子供が小さいのでまだ外に出て仕事をすることはできないのですが、今から語学の資格を取ったり、数年後に備えておきたいと考えています。同じような友人に出会えたらいいのですが・・・・・
FIAの会員は皆、語学好きです。年齢も20歳代から70歳代にわたり、各方面で自己研鑽を続けている会員が多くいます。語学ばかりでなく人生の先輩となってくれる会員もいますから、総会、例会、分科会あるいは機関誌FIAプレスを通じて友人を見つければ、一層楽しく語学の勉強ができることでしょう。

Q(4) スペイン語の勉強をしています。しかし一緒に勉強したり通訳の経験を積んだり、あるいは情報交換できる友人が身近にいませんし、その機会もありません。まだプロとして通訳や翻訳ができるほどの力量はないのですが、FIAに入会できるでしょうか?
英語以外にはドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の会員がいます。英語会員に比べると人数は少ないのですが、情報交換やそれぞれの言語学習の機会には、FIAはよりよい窓口になります。FIA入会資格については、英語以外の言語の場合、資格基準は英語に比較するとやや緩やかだと言えます。

Q(5) 定年退職して自由に使える時間ができました。学生時代から好きだった語学の勉強を再開したいと考えています。また実際的に使用する機会があれば、語学ボランティアとして活動したいと思います。同じような会員の方はいらっしゃるのでしょうか?
FIAの入会資格はかなり厳しいものですが、そのようなお考えで、これまで蓄積された語学経験や社会的活動を会員に反映させていただくと、FIAが素晴らしい会に発展していくことが期待されます。また語学ボランティアの会としてはSGG(善意通訳者の団体で、すべてボランティア活動)など資格が緩やかな団体もあります。

お問い合わせ

入会方法や通訳・翻訳のご依頼などお気軽にお問い合わせください。

福岡市中央区天神2丁目3番10号
天神パインクレスト719号 福岡通訳協会

DSCF5292.jpeg